読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きすぎ人生迷走中

日々の出来事を記録したいと思っています。

次期候補

ディジタル一眼カメラの次期候補

α7II と X-T2 がターゲットになっています。

 

で、

 

グランフロント大阪で「X-T2 新製品体験イベント」があったので行ってきました。

 

これはトークショウの風景です。

20160807141127

内容は結構、参考になりました。

この方、わたしが知りたい事を話してくれる人でした。

 

で、本題のカメラ X-T2 ですが

 

触った感じは好印象です。

操作感も α7II より良いかも?

後は実際に使ってみないと解らない、かな?

 

しかし気になったのは

トークショウの時も「撮って出しのJPEG」の単語をよく耳にしたが、RAWで撮影して後で現像するよりカメラ内現像のJPEGをコンセプトにした製品の印象を受けました。他社との差別化、FUJIFILMの場合は「色」ですからね。

スタッフの方も言ってましたが、JPEG出しで問題無ければRAW現像を行なう時間は撮影する時間に出来る・・・

なるほど、たしかにそうです・・・

 

元々FUJIFILMはフィルムを作っていたメーカーですし、私も 写真はフィルムカメラから始めた者ですがフイルム時代で唯一、気に入らなかった事は自分で色が作れなかった事。基本プリントの仕上りは現像所まかせ。(写真屋のおっちゃんまかせ)

それがディジタルカメラになって自分で現像が出来るようになった事がディジタル化の一番のメリット。

 

しかし X-T2 になると昔の様に現像は写真屋(FUJIFILMカメラ)まかせになる様で心配になりました。誰がとっても同じ色の写真になるの? もちろんRAW撮影も出来るのですが現像ソフトは他社製品。最初からやる気なし、な感じ。

 

いま持ってる情報では α7II の方が良いかな?

でも今のカメラはまだ使えるから、もったいないし?