読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きすぎ人生迷走中

日々の出来事を記録したいと思っています。

NAS導入、しかしチョット残念

MAC mini のハードディスクも一杯に近づいた事もあり、自分専用にNASを導入しました。

Buffalo製品は好きなのでこれを選択。

RAID1で2TB構成になるモデルを選びました。

 

しかし・・・

結果からゆうと、こいつ、かなり残念。

 

NASとしては問題はありません、あくまでわたしの運用上の問題です。

購入前に説明書をよく読めばわかることでした。(反省)

あたりまえの機能だと勝手に思っていただけです・・・。

 

その機能は、PC連動電源

PC連動電源とは、PC側の電源を入れると自動でNASの電源が入ります。

PCをシャットダウンすると、しばらくしてNASの電源が切れます。(休止します)

わたしの場合24時間運用はしていないので、この機能はめっちゃ便利。必要な時だけ電源が入る。

 

今も使っている家族用のNAS、もちろんBuffalo製のRAID10構成で使っているモデルはPC連動電源が出来ます。あたりまえの機能だと思っていたのですが、今回購入したモデルにはこのPC連動電源がありません・・・。

 

あるのはスケジュール予約による電源ON/OFFのみ。

これ、使い勝手が悪い。

 

現状、使う時はフロントパネルのスイッチを押して起動。(めんどくさい)

終了(休止)するにはスケージュール予約したOFF時間にならないと電源は切れない。使っていないのに電源が入っているのは寂しい・・・。

 

スケージュール予約の時間を長く設定すれば良いのですが

例えは、19:00~26:00(次の日の2時)ですか。

 

なんとも、かなり残念・・・。

 

Buffalo様にはアップデートでPC連動電源機能を対応していただくことを願います。

 

あと、参考に

このモデル、初期設定はRAID0。

(説明書には初期設定RAID0としっかり書かれています)

設定画面でディスクの名前がRAIDアレイ1になっているのでまぎらわしい。

よく見たら分るのでしょうが知らずにRAID0で運用するところでした。

RAID1への変更には約20時間かかりました。

 

次回に続く。